伊勢市という町で

神宮のお膝元で

 「日本人の心のふるさと」と呼び親しまれてきた神宮を擁し、
自然と美味しい食材に恵まれた伊勢市には、歴史と文化に富んだ名所・旧跡も多く、魅力ある地域資源があふれています
 また、古くから「お伊勢さん」のまちとして栄えてきました

 「伊勢に行きたい伊勢路が見たい せめて一生に一度でも」と伊勢音頭で唄われたように、昔から「伊勢」という町は日本人の憧れでした。
 江戸時代、国民の6 人に1 人が伊勢に訪れ、伊勢の人々は物と心の両面から旅人を支え、あたたかく迎えたと言われています。
 また、伊勢に来てくれたことへの感謝の気持ちはもちろん、豊かな自然や、暮らしのすべてに感謝するという信念を持っていたとされます。

 現代の今でもなお、「感謝」の精神が受け継がれているこの伊勢の地で、人との思いやり、温かさに感謝しながら、外宮と内宮の間に位置する当社は、これからもお客様の満足向上のため絶えず創造し、挑戦する会社であり続けます。

トップページへ